1日3分から遊べる!?恐竜をペットにして、自由気ままに原始時代を探索するRPG!「ぼくと恐竜」レビュー

ぼくと恐竜

ぼくと恐竜

片手で1日3分で楽しめるハンティングRPG。

みんなで3分 ハンティング放置!

「ぼくと恐竜」は原始時代を舞台に恐竜をハントしていくオートバトルRPG。

はるかな未来、文明は失われ、原始時代に戻った荒涼とした世界。主人公はペットを手懐け、超文明遺物を集め、最強を目指していく。

1日3分ゲームを起動するだけでいいというくらいお手軽な育成とオートで進むバトルが特徴。気楽な操作でガンガン強くなってしまおう。

さくっと最強になれる

ぼくと恐竜

原始時代の生物をハントする要素も。

2019年に12ヶ国以上で配信された「龍大冒險」の日本語版が登場。

バトルはボス戦以外オートで進行。その間に装備などの強化を行う、近年のMMORPGのようなゲームシステムだ。

ポケモンのように、恐竜たちを弱らせてつかまえるペットハンティング要素もあり、結婚や子育てといったユニークな育成やオンラインモードもゲームを進めるとアンロックされていく。

「ぼくと恐竜」の特徴はスピーディーに成長しまくるインフレ感

ぼくと恐竜

放置してるだけでガンガンレベルが上がっていく。

本作の面白さはスピーディなゲーム展開にある。開始して数分でレベルが50まで上がり、ミッションをこなしているだけでどんどん強くなれるお手軽さ。

様々なゲームモードが用意されており、遊べば遊ぶほど奥深くなっていく。そして放置するだけで強くなるってもんだから、便利というか手軽すぎてびっくりだね。

ペットや家族を揃えれば更に強くなる

ぼくと恐竜

ペットを集めるコレクション要素。

多くのMMORPGでも実装されているような乗り物やペットといった要素があり、ゲーム内では装備のように強化することで戦闘力がアップする育成要素になっている。

ペットを捕まえるときは弱らせてから捉えるポケモンのようなミニゲームになってるほか、ペットや家族をつくれるのも原始時代の暮らしを再現しているようで好感が持てた。

反面ストーリー要素は少なく、日本語の翻訳もちぐはぐな箇所が散見されたのは残念に感じたかな。

ゲームの流れ

ぼくと恐竜

キャラクター作成画面。ポップなキャラデザでいい感じ。

おそらく男女で性能は変わらないので好きに選ぶべし。べし。

 

ぼくと恐竜

ペットを捕まえよう!強打・弱打で弱らせて捕獲だ。倒さないように注意。

ちなみにチャットはLV30からだが、すぐにレベルが上がるので安心してほしい。

 

ぼくと恐竜

各種装備やスキルなどの強化は一括で行えるお手軽設定。

基本的に赤いバッヂがついたアイコンをチェックするようにすれば問題なし。

 

ぼくと恐竜

ボスと戦う、強化する…ミッションを達成して報酬を貰う…の繰り返し。

できたらそこにちょっとした会話があると嬉しかったんだけどな。

 

ぼくと恐竜

文明が衰退した未来世界、という設定はすごく好きだ。「クロノ・クロス」とかもそんな感じするよね。

なのでもう少しその設定をいかしたストーリーを欲しがってしまう。古いRPG好きのサガなのかもしれない。

「ぼくと恐竜」の序盤攻略のコツ

ぼくと恐竜

装備、スキル、ペットなど、あらゆるものを強化しよう。

序盤は画面左下に表示される「ミッション」をこなしていけばオーケー。効率よくキャラ、装備、スキル、ボス戦などを進めてくれるのでゲームの進め方もわかるだろう。

ゲームを進めれば1時間もせずにすぐにレベル50くらいになる。早いゲーム展開だねい。序盤は。

各種報酬も忘れずにネ!

ぼくと恐竜

各種報酬を受取るのもお忘れなく。

強化に関しては、赤丸のバッヂがついたアイコンをチェックして限界まで一括強化すればOK。

あとはクエスト報酬など、各種報酬を忘れずに受け取るようにして、装備を強化していけば序盤は困ることはないはず。そうこうすればオンライン要素や結婚が待ってるぜ。

Source: 1日3分から遊べる!?恐竜をペットにして、自由気ままに原始時代を探索するRPG!「ぼくと恐竜」レビュー