人間が悪で主人公がモンスターのローグライクRPG!アバターをカスタムして自慢のモンスターに育て上げよう!「I Monster」

I Monster モンスターとして悪い人間ども駆逐してやる!

自分だけのモンスターをつくって邪悪な人間を討伐していくローグライクRPG!

「I Monster」は、主人公がモンスターとなって人間を倒していく善悪が逆転したローグライクRPG。
ちょっとかわいいモンスターが主人公でアバターを自由にカスタマイズして自分だけのキャラを作成してプレイしていけるぞ。

セミオートバトル&タップで移動で挑む自動生成ダンジョン!

I Monster 片手操作が楽なシステム。
ダンジョンは完全自動生成型で、入るたびに完全に別物になる純粋なローグライクだ。
操作は仮想パッドを使わないタップした位置への移動と、メニューボタンで装備などを行うスタイルで片手でも操作しやすく作られていてスマホならではの操作感がいい。
バトルはシンボルエンカウント式のセミオートバトルで、アイテムやスキルはボタンで使用していく。

自由度が高いアバター&スキル!

I Monster 自由にスキルをとっていこう。
アバターは前述した通りスタート時にかなり自由に見た目を設定できる。
また、育成面においてもスキル二重螺旋状に分岐していて、これまた自由に習得していくコトが可能だ。
全体をとっていったり、より上位のモノを狙っていくといった習得方法もありだぞ。

「I Monster」の魅力は、奥深いハクスラ要素&便利なシステム!

I Monster 見た目も変わるから装備選びも楽しい。
装備のドロップは非常に多くなっていて、同じ武器・防具でも微妙に能力値が違っているのでハクスラしがいがある。
更に武器は攻撃力だけを見ると、ナイフよりこん棒の方が攻撃力が高いが、攻撃速度はナイフの方が格段に速いので、能力値によってはナイフの方が総合ダメージが大きくなったりするんだ。
武器の見極めも重要だ!

多彩なダンジョンの仕掛け!

I Monster シークレットルーム発見!
破壊可能な樽や壺からは素材が、宝箱からはアイテム装備品が獲得できる。
だが、それだけでなくダンジョン内には多彩な仕掛けが用意されており、回復できる毒々しい色の泉シークレットルームへのワープゲートなどがそこらへんに配置されているので見つけていこう。
特にシークレットルームは、レアリティの高い装備品が入手可能だったりするので発見したら飛び込むしかない!

便利な階段ボタンシステム!

I Monster 階段ボタンで階段までオート移動だ。
探索で役に立つ便利システムがこの階段ボタン
一度階段の横を通過しておけば、マップの横に階段ボタンが表示され、ワンタップで階段の位置までオート移動してくれる優れモノだ。
階段発見後のフロア探索はローグライク系の楽しみでもあるが、探索完了後に階段に戻るのが面倒に思う人は少なくないはず。
それゆえ、階段を見つけたら探索せずに次の階へ行ってしまおうか悩む―――その葛藤への答えがこのシステムだ!

ゲームの流れ

I Monster
さて、主人公モンスターの容姿を作っていこう。
モンスターなのでツノやらシッポやらいろいろと設定できる。
 
I Monster
ダンジョン探索は片手操作も可能なほどシンプル。
タップした位置へ移動&セミオートバトルで探索を進めよう。
 
I Monster
悪い人間はやっつけます!
回復アイテムはいつでも使えるので、HPが少なくなる前にこまめに回復。
 
I Monster
スキル習得も自由度が高い。
どういう風に育成するかはキミ次第。
 
I Monster
人間たちはどんな悪事を働こうとしているのか!?
ダンジョンの最深部を目指してその野望を打ち砕いてやれ!

「I Monster」の攻略のコツ

I Monster 宝箱の取り逃しはないかな?
ローグ系といったらマップを活用するのが定石。
本タイトルでは宝箱仕掛けなどは発見していれば常時マップ上に表示される仕様なので利用しない手はない。
全体を回ったと思ったら、マップを見まわして取り逃しがないか再確認しておこう。

いらないモノを捨てる勇気!

I Monster より良い装備を装着。
ドロップアイテムが豊富なのが本タイトルの特徴でもあり魅力の一つなのだが、所持アイテムの数には限りがある。
すぐにアイテム枠がいっぱいになってしまうので、装備品などは思い切りよく捨てていくのがいいだろう。
その際、同じ武器・防具でもより高品質なモノを装備してから捨てるように!
またある程度良いモノが手に入ったなら一旦拠点に戻るのも手だぞ。

Source: 人間が悪で主人公がモンスターのローグライクRPG!アバターをカスタムして自慢のモンスターに育て上げよう!「I Monster」