人類崩壊。戦闘兵器とのふれあい。「Timemachine」の衝撃再び。危険なるアドベンチャー。「DropPoint(ドロップポイント)」

人類崩壊。戦闘兵器とのふれあい。「Timemachine」の衝撃再び。危険なるアドベンチャー。
世界の果てで愛と殺戮を夢見るロボットアドベンチャー 「DropPoint(ドロップポイント)」は人類崩壊後の未来、ロボットとエンジニアの触れ合いと荒廃した戦いを描いたSFアドベンチャー。プレイヤーは空中要塞に生き残ったただひとりのエンジニアとして、相棒のロボットと人類の解放を目指す。ロボットを修理し、武器を装備し、そしてお弁当を持たせて戦場【DropPoint】へと送り出す…。前作「Timemachine」でも猛威を奮った、プレイヤーの行動でロボットの思考や結末が変化していくマルチエンディングシステムは今回も健在。名作保証だよ。やってみて。
「DropPoint」の特徴はロボットとの豊富な会話と衝撃のストーリー ロボットはお弁当を食べることにより人間性を獲得するが、戦い抜いていくためには残虐な武器を手にしていかないといけない。このジレンマによって分岐するマルチエンディングが本作の特徴だが、最大の魅力はロボットの会話一つ一つの人間臭さにあるだろう。新しいお弁当を食べたとき、お弁当を持たせてくれなかったとき…モンスターを倒す時、プレイヤーに質問するとき。どれもロボットに重要な変化をもたらし、それによってエンディングは分岐していく。本作や前作「Timemachine」は、手書き風の絵柄も相成って、放置系のアドベンチャーの中で随一の演出性と独自性を持っていると断言したい。大好き。流行れッ!
DropPoint攻略のコツ お金で出来ることは総じて3つ。HPを回復する「メンテナンス」。武器の購入。そしてお弁当を持たせることである。敵には弱点が設定されていて、生物系の敵には「フレイムシャワー」が効いたりする。色々探ってみよう。そしてたまに壊れる。ただバトルに勝つだけならお弁当を持たせず武器を持たせて殺戮の日々を繰り返すだけでいいのだが…そうするとじわじわと「ザンコクさ」が上がっていく…つまり…なお、戦闘は放置するだけでいいのだが、非常に時間が長い。のんびりできない人は動画広告を見るなり課金して「タイムマシン」を使おう。課金すると便利だぞー。おもろいゲームには課金したいもんだよ。ゲームの未来のために。
全文を読む

Source: 人類崩壊。戦闘兵器とのふれあい。「Timemachine」の衝撃再び。危険なるアドベンチャー。「DropPoint(ドロップポイント)」